すずき小児科・アレルギー科

問診票ダウンロード

  • 神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-76坂本ビル1階
  • 045-360-7750

ブログ

すずき小児科・アレルギー科

MENU

⑤ワクチンのお話(3歳〜小学生までのお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   ①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)で、重篤な病気にならないために、ワクチンで色々な感染症に対する免疫をつけておくこと、適切なワクチンスケジュール管理をすることが大切ですとお話ししました。   3歳までに、B型肝炎3回、ヒブ4回、肺炎球菌4回、4種混合4回、BCG、ロタウ...

④ワクチンのお話(1歳〜のお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   ①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)で、重篤な病気にならないために、ワクチンで色々な感染症に対する免疫をつけておくこと、適切なワクチンスケジュール管理をすることが大切ですとお話ししました。   1歳までに、B型肝炎3回、ヒブ3回、肺炎球菌3回、4種混合3回、BCG、ロタウ...

③ワクチンのお話(生後4か月〜11か月のお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   ①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)で、重篤な病気にならないために、ワクチンで色々な感染症に対する免疫をつけておくこと、適切なワクチンスケジュール管理をすることが大切ですとお話ししました。 今回は生後4か月〜11か月のお子さんに接種するワクチンのお話です。   <生後4か...

②ワクチンのお話(生後3か月〜のお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   ①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)で、重篤な病気にならないために、ワクチンで色々な感染症に対する免疫をつけておくこと、適切なワクチンスケジュール管理をすることが大切ですとお話ししました。 今回は生後3か月〜のお子さんに接種するワクチンのお話です。   <生後3か月になっ...

①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは!すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   新型コロナウイルス感染症以外にも、世界には色々な感染症があることを、この機会に改めて皆さんに知っていて欲しいと思い、ワクチン(予防接種)のまとめをしてみました。   ワクチンで防げる病気の多くは、かかると今でも治療が難しくて、命にかかわる病気です。失った命や健康は戻ってきませんので、ワクチンで免疫をつけておくことが...

熱中症(受診の目安と風邪との見分け方)

こんにちは。横浜市旭区二俣川のすずき小児科・アレルギー科です。 ここでは、熱中症についてお話ししようと思います。 最初に熱中症のまとめ、次に熱中症と風邪の見分け方をお話ししますね。   ☆熱中症のまとめ☆ 暑い場所にいた後の体調不良はすべて熱中症の可能性もあります。早期に熱中症を見つけて治療することが重い症状を防ぎます。   特に子どもは背が低く、照り返しの影響が大人より大きい...

頭をぶつけた時(受診の目安)

こんにちは。横浜市旭区二俣川のすずき小児科・アレルギー科です。 ここでは、頭をぶつけたときの対応についてお話ししようと思います。   頭をぶつけたとき、特に高い所から落ちたときは注意が必要です。 高い所の目安は1メートルとか、身長の2倍くらいとか言われていますが、落ちた場所が畳なのか、フローリングなのか、柔らかいマットの上なのかなどで危険度は変わります。   すぐに泣いて、泣き...

自宅で過ごすときのイライラ対策と安全対策

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   ゴールデンウィークに入りましたね。例年と異なり、社会全体の混乱が続く中、家にいる時間も長く、我慢ばかりで気が滅入るようなことも多いのでは無いでしょうか。   ニュースなどで不安を感じたり、行動が制限され、いつも以上に家で子供が騒ぐこともあるでしょうし、ついイライラして、感情的になってしまうこともあるのではないかと思...

③新型コロナウイルス感染症について<治療法>

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   今日は、新型コロナウイルス感染症についていろいろな情報があり混乱していると思いますので、現在の状況をまとめてみました。 ①では症状と検査について、 ②では予防法についてお話ししました。   ③は、治療についてです。   新型コロナウイルス感染症では、熱、咳、息切れ、全身倦怠感、咽頭痛、鼻水・鼻づまり、頭痛...

②新型コロナウイルス感染症について<予防法>

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   今日は、新型コロナウイルス感染症についていろいろな情報があり混乱していると思いますので、現在の状況をまとめてみました。 ① では症状と検査についてお話ししました。   今回は、予防についてです。情報を正しく整理し、感染予防対策を行えば、感染するリスク・死亡するリスクも減らせます。 石けんでの手洗いは特に大事です! ...
1 2 3 4 5 6 7 8

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ