すずき小児科・アレルギー科

問診票ダウンロード

  • 神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-76坂本ビル1階
  • 045-360-7750

ブログ

すずき小児科・アレルギー科

MENU

☆お知らせ☆ロタウイルスワクチンが定期接種化されます!

ロタウイルスワクチンは、令和2年10月1日より定期予防接種として接種することができます。

※令和2年9月30日より前にロタウイルスワクチンを接種した場合は、定期予防接種ではなく、任意接種となり、無料(公費)接種ではなく、全額自己負担になります。

 

<対象者>

令和2年8月1日以降に生まれたお子さんです。

対象のお子さんへは、生後2か月ごろ、接種に必要な予診票などが個別通知にて送付されます。

 

<ロタウイルス感染症とは>

口から侵入したロタウイルスが腸管に感染して発症します。感染力が非常に強く、手洗いや消毒などをしっかりしても、感染予防をすることが難しく、乳幼児のうちにほとんどの子どもが感染します。
下痢や嘔吐は1週間程度で治りますが、下痢、嘔吐が激しくなると、脱水症状を起こす場合もあり、乳幼児の急性胃腸炎の入院の中で、もっとも多い感染症です。
一生のうちに何度も感染するウイルスですが、初めてロタウイルスに感染した時は、特に重症化しやすく、まれに脳や腎臓に影響をおよぼすこともあり、注意が必要です。

ロタウイルスワクチンを接種すると、このように悪化するリスクを減らすことができます。

 

<接種における注意点>

ロタウイルスワクチン接種後(特に1週間以内)に、腸重積症という病気にかかるリスクがわずかに増加すると報告されています。

小さい子供たちは、ロタウイルスワクチンを接種しなくても、成長する中で自然に腸重積症にかかりやすくなることも知られています。

そのため、腸重積症の起こりにくい早目の時期にできるだけ接種を受けましょう。

出生15週0日後以降に初めて接種すると、接種後 7 日以内の腸重積症の発症リスクが増大するのでおすすめしません。

 

<腸重積症の症状>

腸重積症はロタウイルスワクチン接種の有無に関わらず、小さいお子さんによく見られる疾患であり、 その症状を知っておくことが大切です。

次のような症状が一つでも見られるときは、夜間休日でも速やかに医療機関を受診しましょう。

  • 突然はげしく泣く
  • 嘔吐を繰り返す
  • 便に血が混じる
  • ぐったりして顔色が悪い
  • 機嫌がよかったり不機嫌になったりを繰り返す

 

<ワクチンの種類と接種スケジュール>

2020年10月から接種間隔のルールが変わり、制限が緩和されます。ロタウイルスワクチンは経口生ワクチンなので、接種後翌日から別の種類のワクチンを接種可能です。しかし、多くのワクチンの接種が重なる期間なので、連日の受診はお子さんもお家の方も大変です。他のワクチン接種と合わせて同時に接種することも検討してください。

ワクチン名 ロタリックス(1価) ロタテック(5価)
接種時期
(無料で受けられる年齢)
出生6週0日後〜24週0日後まで 出生6週0日後〜32週0日後まで
接種回数 2回(27日以上の間隔をあける) 3回(27日以上の間隔をあける)

2つのワクチンに予防効果や安全性に差はありませんが、接種回数が異なりますので、接種スケジュールなどを考慮し、いずれかのワクチンを接種してください。
なお、途中からワクチンの種類を変更することは原則できませんので、最初に接種したワクチンを2回目以降も接種してください。

 

<接種当日の注意点>

飲むワクチンなので、吐き戻ししないよう、予約時間の1時間前までに授乳をお済ませください

もし吐き戻しがあっても、ロタウイルス感染症予防効果はありますので、再投与を行う必要はありません。

 

*ご不明点がありましたら、当院までお問い合わせください。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ