すずき小児科・アレルギー科

  • 神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-76坂本ビル1階
  • 045-360-7750

ブログ

すずき小児科・アレルギー科

MENU

<再掲(更新)>乳児健診はなぜ大切なのか

※横浜市から特例措置の連絡がありましたので、5月16日更新しました。 こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   横浜市の乳幼児健診(4か月児、1歳6か月児、3歳児)が一時休止になり、お子さんの健康に関して心配になることや、育児相談できる場がなく困っている方もいらっしゃると思います。(※特例措置として当院で受けていただけるようになります。横浜市から個別健診の案内が5月...

続きを読む

HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)のお話(小学6年生〜高校1年生の女の子がいるご家庭へ)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   今日は、HPV(ヒトパピローマウイルス)ワクチン(子宮頸がんワクチン)のお話をしたいと思います。 小学校6年生~高校1年生相当の女の子が定期接種の対象です。 小学校6年生または中学1年生になったら初回接種を受け、1~2か月の間隔をあけて2回目、初回接種の6か後に3回目を接種します。 サーバリックスとガーダシルの2種類がありま...

続きを読む

⑤ワクチンのお話(3歳〜小学生までのお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   ①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)で、重篤な病気にならないために、ワクチンで色々な感染症に対する免疫をつけておくこと、適切なワクチンスケジュール管理をすることが大切ですとお話ししました。   3歳までに、B型肝炎3回、ヒブ4回、肺炎球菌4回、4種混合4回、BCG、ロタウ...

続きを読む

④ワクチンのお話(1歳〜のお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   ①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)で、重篤な病気にならないために、ワクチンで色々な感染症に対する免疫をつけておくこと、適切なワクチンスケジュール管理をすることが大切ですとお話ししました。   1歳までに、B型肝炎3回、ヒブ3回、肺炎球菌3回、4種混合3回、BCG、ロタウ...

続きを読む

③ワクチンのお話(生後4か月〜11か月のお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   ①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)で、重篤な病気にならないために、ワクチンで色々な感染症に対する免疫をつけておくこと、適切なワクチンスケジュール管理をすることが大切ですとお話ししました。 今回は生後4か月〜11か月のお子さんに接種するワクチンのお話です。   <生後4か...

続きを読む

②ワクチンのお話(生後3か月〜のお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   ①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)で、重篤な病気にならないために、ワクチンで色々な感染症に対する免疫をつけておくこと、適切なワクチンスケジュール管理をすることが大切ですとお話ししました。 今回は生後3か月〜のお子さんに接種するワクチンのお話です。   <生後3か月になっ...

続きを読む

①ワクチンのお話(生後2か月〜はじめてワクチンを接種するお子さんがいるご家庭へ)

こんにちは!すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   新型コロナウイルス感染症以外にも、世界には色々な感染症があることを、この機会に改めて皆さんに知っていて欲しいと思い、ワクチン(予防接種)のまとめをしてみました。   ワクチンで防げる病気の多くは、かかると今でも治療が難しくて、命にかかわる病気です。失った命や健康は戻ってきませんので、ワクチンで免疫をつけておくことが...

続きを読む

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ