すずき小児科・アレルギー科

  • 神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-76坂本ビル1階
  • 045-360-7750

ブログ

すずき小児科・アレルギー科

MENU

花粉症・ダニアレルギーは治すことができます!(免疫療法のお話)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   今日は、アレルギー性鼻炎のお話です。 花粉症は季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれたり、ダニ(ハウスダスト)アレルギーは通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれたりします。スギ花粉症とダニアレルギーには、根治治療(免疫療法)があります。開始すると、つらい症状がずいぶん楽になる方が多いため、アレルギー性鼻炎がある全ての方におすすめです(保険診...

続きを読む

アレルギーのお話〜全体像〜

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   今日は、アレルギーって何だろう?というお話を、ざっくりと大まかにお話したいと思います。   赤ちゃんのときから湿疹(アトピー素因)があるお子さんはアレルギーになりやすく、いろいろなアレルギー疾患に順番にかかっていくことが知られています。その様子をアレルギーマーチと呼びます。   代表的なアレルギー疾患は、...

続きを読む

☆花粉症☆

今年に入りインフルエンザもB型がかなり出ていますし、新型コロナウィルスについても
連日報道され、なかなか先行きが読めない状況です。マスクも品薄状態が続いており、
その様な中で2月に入りまた今年も花粉症の季節になりました。
今年は神奈川県は例年比で「少なめ」と予想されていますが、花粉症の方はしっかりと
早めの対策をとることが重要です。 本格飛散前から治...

続きを読む

花粉症2

暖かくなり桜の開花も間近となってきましたが、まだまだ花粉が猛威をふるっています。外出時は花粉のつきにくい服装やマスク、ゴーグル等で防ぎましょう。眼鏡をするだけでも暴露が50%減ると言われています。上部から入りやすいので帽子も効果的です。コンタクトは1日使い捨てタイプがこの時期はお勧めです。スギだけでなくヒノキにも反応する方はゴールデンウィーク明け頃まで症状が続きますのでまだまだ注意が必要です。 ...

続きを読む

花粉症

インフルエンザもまだまだ流行していますが、統計上も日々の診療数でもピークアウトして
きました。
一方で春のスギ花粉のシーズンになりました。既に観測では花粉も少量ですが飛び始めて
います。花粉の飛散量は前年の夏の天候やスギの生産サイクル(大量飛散の翌年は少ない等)に
関係します。今シーズンは少ないとの予想と、多いとの予想が交錯していますので何とも

アレルギー学会

今週末はパシフィコ横浜でアレルギー学会に参加してきました。いろいろな講演を始め、
大変勉強になりました。

2017年春に蕁麻疹に保険適応されたゾレアという薬(成人と12歳以上の小児が適応)
の講演は興味深く、形態が注射(月に1回)であるのはネックではありますが、既存の内服等
で効果の乏しい慢性蕁麻疹にも大変有効な治療法として、新たな選択...