すずき小児科・アレルギー科

  • 神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-76坂本ビル1階
  • 045-360-7750

ブログ

すずき小児科・アレルギー科

MENU

花粉症・ダニアレルギーは治すことができます!(免疫療法のお話)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   今日は、アレルギー性鼻炎のお話です。 花粉症は季節性アレルギー性鼻炎と呼ばれたり、ダニ(ハウスダスト)アレルギーは通年性アレルギー性鼻炎と呼ばれたりします。スギ花粉症とダニアレルギーには、根治治療(免疫療法)があります。開始すると、つらい症状がずいぶん楽になる方が多いため、アレルギー性鼻炎がある全ての方におすすめです(保険診...

スキンケアのお話

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   今日はスキンケアについてお話したいと思います。   皮膚は、環境中の様々な刺激から身体を守ったり、水分の蒸発を防ぐ、バリア機能を持ちます。皮膚のバリア機能を正常に保つための、日常のケアのことを、スキンケアといいます。 子どもは皮膚の機能が未熟なので、バリア機能に異常が起こりやすいことが知られています。バリア機能が低...

アレルギーのお話〜全体像〜

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   今日は、アレルギーって何だろう?というお話を、ざっくりと大まかにお話したいと思います。   赤ちゃんのときから湿疹(アトピー素因)があるお子さんはアレルギーになりやすく、いろいろなアレルギー疾患に順番にかかっていくことが知られています。その様子をアレルギーマーチと呼びます。   代表的なアレルギー疾患は、...

みずいぼのお話

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科の坪田伶那です。   今日は、みずいぼのお話です。 丸くて光った、うつるイボです。つぶすと白いかたまりが出てきます。この中にウイルスがたくさん含まれていて、これがつくとうつります。 みずいぼじたいは、通常痛くもかゆくもありません。   治療方法は大きく分けて3つあります。 ①お薬を飲む(漢方薬など) ②つまんでとる:痛いけれど、確実に数を減...

紫外線対策について

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   これからの季節、紫外線が強くなりますので、赤ちゃんから大人まで健やかな肌を保つために大切な、紫外線対策についてお話ししたいと思います。 ★屋外で活動するときに気をつけてほしいこと★ 1)時間を工夫する  紫外線は、10時から14時の間が強くなります。紫外線の強い時間帯に戸外で活動するときは紫外線対策をきちんと行いましょう。...

<再掲(更新)>乳児健診はなぜ大切なのか

※横浜市から特例措置の連絡がありましたので、5月16日更新しました。 こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   横浜市の乳幼児健診(4か月児、1歳6か月児、3歳児)が一時休止になり、お子さんの健康に関して心配になることや、育児相談できる場がなく困っている方もいらっしゃると思います。(※特例措置として当院で受けていただけるようになります。横浜市から個別健診の案内が5月...

皮膚の感染症について

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。   暑くなってきて、新型コロナウイルス感染症が落ち着けばプールで遊びたい気分ですね。でも湿疹ができてしまったけど、プールに入ってもいいのかな?皮膚の感染症と言われたけど、保育園・幼稚園や学校には行ってもよいのかな?と悩むこともあると思いますので、一度まとめておきたいと思います。   <プールに入ってもいいの?> ★とび...

川崎病のお話 〜新型コロナとの関係はあるのか、ないのか〜

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科の坪田伶那です。   世界で、新型コロナウイルス感染症と川崎病の関連が注目されています。 今日は、川崎病ってどんな病気?というお話と、実際にコロナとの関係はどうなの?というお話をしたいと思います。   ★川崎病とは★ 細菌の感染、ウイルスの感染、なんらかの環境物質による刺激などの可能性がいわれていますが、今のところ原因不明です。世界中で研究...

おくすりの与え方(のみぐすり、ざやく、めぐすり)

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科の坪田伶那です。   前回、  かぜをひいたときの過ごし方  についてお話ししました。  夜間休日に受診  して、初めてのお薬や使い慣れないお薬をもらうこともあると思います。 そのときに悩むことの一つが、薬の与え方ですよね。今日は薬の与え方について、お話したいと思います。   ★内服(のみぐすり)★ ・1日2回→朝と夕など、12時間ごとに飲...

かぜをひいたときの過ごし方

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科の坪田伶那です。   新型コロナウイルス感染症が拡大する中、受診しにくい状況が続いていると思います。熱が出た、咳や鼻水が出たなど、お子さんの体調が悪い時に心配になったり、対応に悩むこともあると思います。 今日のブログでは、体調が悪いときに、お家ではどのように過ごしたらよいのかを、お伝えしたいと思います。 *緊急受診の目安は、  熱の測り方と救急受診の...
1 2 3

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ