すずき小児科・アレルギー科

  • 神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-76坂本ビル1階
  • 045-360-7750

ブログ

すずき小児科・アレルギー科

MENU

<再掲(更新)>乳児健診はなぜ大切なのか

※横浜市から特例措置の連絡がありましたので、5月16日更新しました。

こんにちは。すずき小児科・アレルギー科院長の坪田伶那です。

 

横浜市の乳幼児健診(4か月児、1歳6か月児、3歳児)が一時休止になり、お子さんの健康に関して心配になることや、育児相談できる場がなく困っている方もいらっしゃると思います。(※特例措置として当院で受けていただけるようになります。横浜市から個別健診の案内が5月15日〜順次送付されます。)

当院としてもできるだけ皆さんの子育てを応援したいと思い、今日は乳幼児健診のお話をさせていただきます。

 

●乳幼児健診は、お子さんの発育・発達の状態を確認し、お身体で気になるところが無いか、お家の方と一緒に考え、子育てを応援させていただく大切なものです。

日常では気がつきにくい問題を見つけるため、丁寧にお子さんのお身体を診察させていただく必要があります。健診として注意深く全身を診察すると、股関節脱臼、斜視、陰嚢水腫、歩き方の異常などが、見つかることもあります。

●お子さんは1か月後には見違えるような成長を遂げることがよくあります。タイミングを逃さず問題を見つけたり、適切なアドバイスをするために、定められた月齢・年齢で行います。

 

☆小さいお子さんがいるご家庭は、本当に気を遣って大変な時だと思います。

 

※乳幼児健診が受けられていない4か月、1歳半、3歳のお子さんがいるご家庭は、電話でご予約いただき、横浜市から送付される健康調査表(5月15日から対象者へ順次送付されます)をお持ちください。

それ以外の時期でも、気になることがあり相談したい方は、電話でご相談いただいたり、ネット予約をしていただけます。

クリニックで感染するかもしれない、というご不安がある方のために診察時間やお部屋を区分けして対応しています。

予防接種があるお子さんは、予防接種と一緒に受診していただくと、お子さんにもお家の方にも負担が軽く済むと思います。

 

不安が強いとそれだけでも心が滅入ってしまいます。どうぞお気軽にご相談ください 😀

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ