すずき小児科・アレルギー科

  • 神奈川県横浜市旭区二俣川1-45-76坂本ビル1階
  • 045-360-7750

ブログ

すずき小児科・アレルギー科

MENU

インフルエンザ

本年もどうぞ宜しくお願い致します。
小児のインフルエンザ患者数は横浜市の統計では昨年末に比べて減少しています。
昨年まではA型が8割程度を占めていましたが、現在はA型44%、B型56%と
B型が優位となっています。ただし、例年集団生活が始まり1月の中旬以降に
患者数が増加する傾向がありますので注意が必要です。予防にはうがい、手洗い、
マスク、加湿、定期的な換気等で対策をしっかり行うことが重要です。最近は迅速診断
キットの性能がよくなっていますが、一般的には発熱後、半日程度してから陽性となることが
多いです。抗インフルエンザ薬は症状出現より48時間以内のスタートが推奨されています。
インフルエンザが疑われる場合は最寄りの医療機関への受診、診断加療をお勧め致します。

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ